2006年2月15日水曜日

ストレッチ。

今回は「ストレッチ」の話。
ギターを弾くにあたって、「指が開く」と言うことは、大きなアドバンテージになります。
手が大きく指が長くても、開きが少ないと、どうにもなりません。

まずは、人差し指と中指の間を大きく開けるようにすることを目指しましょう。
>欠かさずやることが大事なので、暇があったら、指を広げているくらいやりましょう。
開きに余裕ができると、弦を押さえやすいポイントを選択出来るようになるため、
自然と少ない力で押さえる事が出来るようになります。
結果、力みが取れて自然な押弦が出来るようになってきます。











写真は私の手で、約90度位開く事が出来ます。
「エイリアンの手」と評される事もありますが、たしかに少し気味悪いですね(笑。


 JSロックギタースクール