2012年7月16日月曜日

アコースティックギターの音量調整(追記あり)

アコースティックギターでよく受ける相談が、
「集合住宅で大きな音が出せない」、と言う音量問題です。

サイレントギター等もありますが、
今回はもう少しお手軽でお金のかからない解決方を二つ紹介します。

まず一つ目はシンプルに、中に詰め物をしてしまう事です。

111027_191657.jpg

画像は、生徒のTさんのギターで、3分の1くらいタオルが入っています。
これで音量は、ゴダン等の薄型エレアコと同じくらい。

111129_175233.jpg

音色はタイトになりますが、サイレントギターよりは豊かなサウンドです。

ただ、家で弾くだけなら良いのですが、ライブなどでも使う人は、手軽に出し入れが出来なくて大変です。
そこでもう一つの方法です。

111129_181504.jpg

画像の様にブリッジサドル近辺に布をあてがいます。
サスティーンがかなり犠牲になりますが、どのくらい「かませる」かで音量が調節でき、
いつでも元に戻せます。

自分にあった方法で上手く対処してください。





追記で~す、その後の実験で

120716_180616.jpg

奥まで入れなくても、こんな感じで横からスルスルと入れて

120716_180627.jpg

こんな感じでも大丈夫です、演奏にも問題なしで、取り外しもすぐ出来ます。
布の量で音量を調節してください。
(エレアコは配線があるので、やらない方が無難です)


JSロックギタースクール